筆者について (about me)

私は普段、理系大学生をしており、物理を専攻しております。その中で大学2年生のときに python に触れ、その面白さに魅了されました。その後は主に python を使った deep learning を趣味として始め、様々な開発を行っております。その際にでたエラーなどの解決方法をこの What’s this ブログで詳しく解説しています。

問題点 (Problem)

まず、容量が大きいファイルを git push すると何が問題なのかを話します。結論から申し上げると github の制限容量が100.00 MB のため、それ以上のデータを push しようとするとエラーが起きてしまいます。その時にでるエラーが下の通りです。

File ”ファイル名" is 389.41 MB; this exceeds GitHub's file size limit of 100.00 MB

”ファイル名” というところは人によって変わると思いますが、このファイルの容量が 100.00 MB を超えているため、エラーが出てしまうのです。

これは git add をする前に .gitignore にエラーとなるファイルを書き込みばいいのですが、見落としてしまうことが多いと思います。そして、1度 git add すると取り消したりする必要があるのですが、ファイル容量を超えたファイルを取り消すのがとても大変でした。そこで、

https://qiita.com/SeeLog/items/0d7d348146aa69943e27

を見つけこの方法で解決することができたので、多くの方にシェアしたく今回はこの方法をご紹介させていただきます!

この記事を書いてくれた@SeeLogさんには本当に感謝しております。

解決策 (Solution)

git filter-branch -f –index-filter “git rm -rf –cached –ignore-unmatch [歴史から抹消したいファイル名]” –prune-empty HEAD と入力するだけ!!

赤く記したところを git push した際に出るエラーの名前にして書き下すだけで git push することができてしまいます。

まとめ (Conclusion)

機械学習などのデータを扱う場面ではデータ容量が非常に大きくなってしまうことがあると思いまうす。それに気づかずに git add してしまった場合でも今回紹介した方法をすると解決すると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

参考文献 (Reference)

https://qiita.com/SeeLog/items/0d7d348146aa69943e27

お問い合わせ